EC事業者様の海外販売をJ-goods(弊社提供の貴社専用越境ECサイト)でお手伝い

手間いらずで簡単に越境ECを実現!横持ち費用もなく,コストメリット大!英語・中国語・韓国語によるお問い合わせには言語幇助あり

  1. J-goodsにて海外販売する商品情報を登録
  2. 貴社所有のサイト上にJ-goods店へのリンクを掲載
  3. あとは,J-goodからの受注連絡を待つだけ

ご導入の流れ

お知らせ

2020年09月18日
すでに米国の他,カナダ,豪州,中国,香港,韓国,タイ,英国,仏国,スペインなどの国においては,郵便物の通関に関する情報の電子的な送信が求められおりますが,2021年1月1日より日本国内においても通関電子データの送信が義務化される運びとなりました。J-goodsにおいてはすでに対応済みとなりますので,ご安心ください。
2019年12月01日
ニュージーランドにおける商品サービス税(GST)の仮受けが必要な場合は,海外お客様からの決済時にシステムが自動計算し徴収します。また,配送国税務署への納付につきましても弊社にて代行させていただきます。
2018年07月01日
オーストラリア(豪州)における商品サービス税(GST)の仮受けが必要な場合は,海外お客様からの決済時にシステムが自動計算し徴収します。また,配送国税務署への納付につきましても弊社にて代行させていただきます。

こんなお悩みありませんか?

  • 海外言語に自信がなく,様々なトラブルに巻き込まれることが心配…
  • 国ごとに越境取引のルールが異なり,国内用カートでは対応が難しい…
  • 外国語に対応する人材の確保が難しい・その分のコスト捻出が難しい…
  • 導入中の越境取引サービスでは,余計な横持ち費用が発生してしまう…
  • 導入中の越境取引サービスでは,国内取引と同程度の利益確保が難しい…

J-goodsの特徴と他サービスとの違い

現在,日本国内EC事業者様が海外の購入希望者へ直接商品を販売し,お届けしようとする場合,配送国毎に異なる越境取引のルールに準拠し,必要があれば事業者様にて配送国の税金を購入者から徴収し配送国税務署へ直接納税しなければなりません。他方,「海外転送サービス」や「購入代行サービス」といったこれまで主要であったサービスを活用する場合,本来捻出が不要である日本国内の消費税や国内配送料,二重決済手数料などといった横持ち費用がこれまで通りかかり,さらには輸出売上に関わる経費の消費税還付も事業者様にて享受することができません。何とかして,事業者様,海外の購入希望者様の双方において簡単且つ安価に,そして正道な方法で取引はできないものか?という想いから,生まれたのが当社の越境取引仲介サービス「J-goods」となります。

越境ECのベストなカタチ

関係図

越境ECに限らず本来はこれがベストで正道な取引方法です。
但し,J-goodsと同じマーケット規模に対応するためには,貴社内にて英語・中国語・韓国語に対応できる人材が必須となります。
また必要があれば配送国が請求する税金を事業者様にて計算した上で購入者からその税金を徴収し配送国税務署へ越境納税しなければなりません。さらには電磁的記録による税関申告の提出が必要な配送国についても事業者様にて対応する必要があります。

他サービスとの比較

  • 海外転送サービス

    海外お客様が直接貴社サイトで購入するが,資産の譲渡は国内で完結するため,日本国の消費税が発生します。その取引中には,日本国内の転送会社倉庫までの国内送料といった無駄な経費も発生しており,さらには,その転送会社に商品を海外転送させるための役務手数料も海外お客様が商品を入手するための経費としてのしかかってきます。また,こちらの方法では,転送詐欺などの危険性も伴います。

  • 購入代行サービス

    購入代行会社と貴社間は国内取引のため日本国の消費税が発生,輸出者は購入代行会社なため,もちろん貴社はこの取引の輸出免税適用者にはなれません。また,海外お客様から購入代行会社,購入代行会社から貴社への決済時の決済手数料が二重に発生したり,さらには,国内送料や役務手数料も発生,これらもまた海外お客様が商品を入手するための横持ち費用としてのしかかってきます。

  • 販売代理店を通した海外モール出品

    販売代理店への手数料とは別に,モール毎に高額な費用が掛かり,販売利益を押し下げます。国内販売と同程度の利益を確保できなければ海外販売を提供する意味がありません。貴社で取り組むべきことは,不要な経費を抑えつつ国内税抜き価格で海外販売できる環境を予め準備しておき,日本国内での認知度向上に日々励むことです。さすれば,SNSを介した世界中への拡散により,結果は自ずとついてきます。

上記,EC事業者様の悩みを解決し,簡潔にお取引ができるよう,お手伝いするのがJ-goods!

  • 事業者様は日本語対応のみで,英語・中国語・韓国語いずれかの言語を理解する世界中の購入希望者と取引が可能 !
  • プラットフォーマーである弊社にてその責務がある場合,弊社サービスを介して購入者より徴収した配送国税金を代行納税致します。
  • 電磁的記録による税関申告の提出が必要となる配送国については弊社マイページ上で荷札を作成した際に日本郵便経由で各国へ送信いたします。

《導入事例》トレジャースポット様

お取引の流れ

海外取引お役立ち機能

  • 国際郵便マイページシステムと連携

    日本郵便を利用して海外発送する際は必要な書類一式が数クリックで出力可能です。印刷後,ご署名になるのみで発送準備が整います。※発送時には,専用パウチが必要となります。

  • 特定の地域毎に国際送料の設定が可能

    特定の地域ごとに商品の合計重量または合計金額に基づいて国際送料を自動計算,自動請求させることができます。よって,国内取引同様,顧客の決済が完了するまでは人的対応が不要となります。

  • メッセージ形式のコミュニケーションツールを提供

    メッセージ形式のコミュニケーションツールを提供しております。取引中の英語・中国語・韓国語による事業者様未対応言語でのお問い合わせにつきましては無償にて言語幇助させていただきます。

>その他便利機能一覧

対応済み決済代行会社

海外取引に定評のあるペイパルとストライプの貴社アカウントを利用して海外からの決済を直接受領いただけます。

  • PayPal

    各国の主要決済方法に対応し,ペイパルの売り手保護プログラムに準拠しております

  • stripe

    3Dセキュア2の対応など,チャージバックからの保護プログラムが充実しております

費用について

お取引がなければ,費用は一切発生致しません。システム利用料,取引額の5%(税抜)

支払いの詳細

外部サービスとの連携

J-goodsでは,各種APIを提供しております。貴社基幹システムとのAPI連携により,J-goodsに商品情報を手動登録することなくサービスをご利用いただけます。また,右記ASPカートをご使用の場合は,それらサービスへのアクセス権限を弊社に付与いただくことで,自前サーバーにプログラムを設置することなく,商品情報を自動登録させたり,在庫減算させたりすることも可能です。

※受注時の在庫引当は,右記ASPカートの他に,API連携が可能な独自システム,ネクストエンジンおよびzaiko-Robotに対応しております。

  • カラーミーショップ
  • Base
  • メイクショップ
  • ショップサーブ

無料会員登録をする