EC事業者様の海外販売をJ-goods(弊社提供の貴社専用越境ECサイト)でお手伝い

独自カテゴリの登録方法

1.概要

このページでは独自カテゴリを登録する方法についてご説明します。独自カテゴリを登録する場合,以下の点にご留意ください。

  • 独自カテゴリの登録

    独自カテゴリを登録し,商品を分類することができます。登録した独自カテゴリで商品を絞り込むことができます。

    その他オプションの設定と商品詳細画面での表示

2.独自カテゴリの登録手順

独自カテゴリを登録する際の手順について説明します。

  1. 独自カテゴリ管理フォーム

    ログイン後,独自カテゴリ管理フォームを表示します。独自カテゴリ管理フォームを表示する手順は次のとおりです。

    1. ストア用アカウントでログインします。
    2. メニューの「商品データ管理」をクリックします。

      その他オプションの設定と商品詳細画面での表示
    3. 登録されている商品の一覧が表示されます。

      商品一覧画面
    4. 商品カテゴリ設定ボタンをクリックします。

      「商品カテゴリ設定」ボタンをクリック

      これで登録フォームが表示されます。

      登録完了
  2. 独自カテゴリの追加

    追加フォームを用いて,独自カテゴリの情報を入力してゆきます。

    追加フォームへの入力

    • 必須項目

      最低限,設定しなければならない情報は「カテゴリID」,「カテゴリ名(日本語)」です。他の項目は必要に応じて設定してください。

    • カテゴリID

      半角英数字で指定します。

    • カテゴリ名

      カテゴリ名を指定します。画面に表示されるのはこの「カテゴリ名」です。

      日本語は必須です。必要に応じて他の言語を設定してください。指定されていない場合は,必要に応じて自動的に翻訳されます。

    • 親カテゴリ

      子カテゴリの場合,親カテゴリを指定します。設定できる階層の深さは5階層です。

    • 子カテゴリの表示

      このカテゴリの含まれる子カテゴリをメニューに表示するかどうかを設定します。チェックすると,このカテゴリに含まれる子カテゴリが最初からメニューに表示されます。

      たとえば「時計」カテゴリと「ストップウォッチ」カテゴリを「子カテゴリを表示する」設定にすると次のようになります。

      子カテゴリを表示
      • この場合,商品一覧画面のメニューでは「時計」カテゴリの子カテゴリである「ストップウォッチ」,「掛け時計」,「腕時計」のカテゴリ名が表示されます。
      • さらに「ストップウォッチ」カテゴリも「子カテゴリを表示する」設定になっているので,その子カテゴリである「アナログ式」,「デジタル式」のカテゴリ名も表示されています。

      「時計」カテゴリが「子カテゴリを表示しない」設定になっていると表示は次のようになります。

      子カテゴリを表示しない
      • この場合,商品一覧画面のメニューでは「時計」カテゴリだけが表示されます。「時計」の子カテゴリは表示されません。

    • メモ

      カテゴリに関するメモを設定します。画面には表示されません。

  3. 独自カテゴリ情報の登録

    入力が終わったなら,画面の下部にある新規カテゴリを追加ボタンをクリックしてください。カテゴリが追加されます。

    登録完了

    追加されたカテゴリは,右側の編集フォームで確認することができます。追加したカテゴリによっては,最初のページではなく後のページに表示される場合もあります。

3.独自カテゴリの変更手順

独自カテゴリの設定を変更する際の手順について説明します。

  1. 独自カテゴリ管理フォーム

    ログイン後,独自カテゴリ管理フォームを表示します。表示する手順は「独自カテゴリの登録」の項目を参照してください。

  2. 独自カテゴリの編集フォームの表示

    • 該当カテゴリの欄の編集ボタンをクリックします。

      該当カテゴリの欄の編集ボタンをクリック
    • 編集フォームが表示されます。

      カテゴリ編集フォーム

      表示された編集フォームで必要な情報を設定します。

  3. 独自カテゴリ情報の登録

    入力が終わったなら,「変更」ボタンをクリックしてください。カテゴリが変更されます。

    登録完了

    編集を途中で止める場合は,「中止」ボタンをクリックします。

4.独自カテゴリの削除手順

独自カテゴリを削除する際の手順について説明します。

削除できるのは子カテゴリを持たないカテゴリのみです。

  1. 独自カテゴリ管理フォーム

    ログイン後,独自カテゴリ管理フォームを表示します。表示する手順は「独自カテゴリの登録」の項目を参照してください。

  2. 独自カテゴリの削除フォームの表示

    • 該当カテゴリの欄のごみ箱ボタンをクリックします。

      該当カテゴリの欄の削除ボタンをクリック
    • 削除フォームが表示されます。

      削除フォーム
    • 削除ボタンをクリックすると削除確認のダイアログが表示されます。

      削除確認のダイアロ

      OKボタンをクリックするとカテゴリが削除されます。

      削除確認のダイアロ

5.独自カテゴリの登録項目

登録する情報には,必ず登録する必要のある必須項目と必要に応じて登録していただく追加項目があります。
必須項目は独自カテゴリ管理フォームの追加フォーム上で項目名に※が表示されています。

項目名 種別 内容
カテゴリID 必須

カテゴリIDを設定します。カテゴリごとにユニークな文字列でなければなりません。

半角英数字50文字以内の文字列を設定してください。

カテゴリ名 日本語は必須

カテゴリ名を設定します。日本語の商品名は必須です。必要に応じて,日本語以外のカテゴリ名も設定してください。該当する言語のカテゴリ名が設定されていない場合は,必要に応じて自動的に翻訳されます。

50文字以内の文字列を設定してください。

親カテゴリ 任意

必要に応じてドロップダウンリストから,親カテゴリを選択してください。

設定できる階層の深さは5階層です。

子カテゴリの表示 任意

このカテゴリの含まれる子カテゴリをメニューに表示するかどうかを設定します。チェックすると,このカテゴリに含まれる子カテゴリが最初からメニューに表示されます。

たとえば「時計」カテゴリと「ストップウォッチ」カテゴリを「子カテゴリを表示する」設定にすると次のようになります。

子カテゴリを表示
  • この場合,商品一覧画面のメニューでは「時計」カテゴリの子カテゴリである「ストップウォッチ」,「掛け時計」,「腕時計」のカテゴリ名が表示されます。
  • さらに「ストップウォッチ」カテゴリも「子カテゴリを表示する」設定になっているので,その子カテゴリである「アナログ式」,「デジタル式」のカテゴリ名も表示されています。

「時計」カテゴリが「子カテゴリを表示しない」設定になっていると表示は次のようになります。

子カテゴリを表示しない
  • この場合,商品一覧画面のメニューでは「時計」カテゴリだけが表示されます。「時計」の子カテゴリは表示されません。

カテゴリの非表示設定 任意

このカテゴリを非表示にするかどうかを設定します。チェックすると,このカテゴリが非表示となります。子カテゴリが存在する場合,子カテゴリも非表示になります。

メモ 任意

カテゴリに関するメモを設定します。この情報は画面に表示されません。

100文字以内の文字列を設定してください。